ライフナビプロジェクト 参加者の声 長嶋未菜さん

2019年3月のライフナビプロジェクトに参加した長嶋未菜さんにインタビューさせていただきました。


私は2019年3月21日に本気のライフナビプロジェクトに参加しました。

何か月か前のことなので覚えている範囲で書かせてもらいます。そして、参加した当時と今どんな変化があったかも共有させてもらいます。

<参加した理由>

私がこの自己分析に参加したとき大学2年がちょうど終わりこれから休学するという時期でした。将来何をしたいかはわからないけどみんなのように就活するのは嫌だというのはずっと心の中にありました。そのため私はわりと大学1年の方から活動的ではありました。ずっと自分探しをしていたってことですね。活動的ではあったもののいまいちピンとくるものがなく本当は何が好きで、何がやりたいのかもわかっていませんでした。そのため、この自己分析に参加させていただきました。

<自己分析したからといって将来のやりたいことが見つかるわけではない!!>

参加して思ったのは、

「え、将来やりたいことの答え見つからないじゃん」

私はこの自己分析で勝手に将来やりたいことが明確になるとどこかで期待していました。

この自己分析では自分の過去、現在、未来を考える3つのセッションに分かれています。

私は、過去、現在を考えること、話すことは好きです。なぜなら私は人よりも多くのことを経験してきた自信があったためです。しかし、その経験をなににつなげたいのか、なににつながるのかと言われたらわかりませんでした。

そのためいつも未来に関しては不安で、考えることや話すことを避けてました。

しかし、この自己分析では向き合うこととなります。やはり答えは出ず何となく自分が好きなこと経験してきたことをもとに出した答えで発表してみたものの話しながら違和感がありました。

この自己分析に参加して得たことそれは

やりたいことが見つからなくてもいいということ!

自分の生き方の軸、生きていくうえで大切にしていきたいことをしっかりと決めることで今後何かを判断する際や、選択していく際になんの迷いやブレもなくなること!

そして自分の生き方に自信を持つことができるということ!

自分自身が成長していく、挑戦していく際に、自分の夢を応援してくれる人達が周りにいることが大事であるということ!です。

今はその学んだことの意味がよくわかります。

そして、この自己分析から学んだことは実際は今後の自分の生活にちゃんと活きていました。

<参加から3カ月後>

私は現在休学中です。

そして今何をしているかというとそういった自分の生き方に満足していない人を対象としたイベントを企画して開催したり、海外でツアーを企画したりしています。

これは、私はずっと人と関わること、人の役に立つことが好きでした。でも具体的にどんなことで役に立ちたいのかと聞かれたらわからなかったため、多くのボランティアに参加したり、大学でも学生団体やTAなどをしたりしていました。しかしいまいち何がしたいのかわかっていませんでした。

しかし、行動していくうちに今は自分自身でそういったイベント、ツアーを企画して

学生で将来なにをしたいかわからない人、何かしたいけど一人じゃやる勇気がない学生を応援したいという風に思うようになりました。

そういった悩みを持ってる人ってたくさんいますよね?

それを改善すべくシチリアで自分らしい生き方を見つける旅を探しに行こうというのをテーマにツアーを作っています。

ぜひ、あなたが一歩踏み出すお手伝いをさせてください!

自分の夢を叶える一番の近道は仲間を見つけること。私はそういった何かをしたい今の現状をどうにか変えたいと思っている学生のコミュニティを作りみんなで応援しあったり、サポートしあいたいと考えています。

私がこの自己分析の最後で自分自身に問いかけた言葉

「本当に大切なもの見失ってない?」

この言葉を常に自分に問いかけ本来の目的を忘れないように日々努力してます!

ぜひ、私と一緒にあなたらしい生き方探しませんか?

▼長嶋さん主催のシチリアツアーはこちら
Life perspective changing tour