ライフナビプロジェクト@東京1020

10月20日にライフナビプロジェクト @東京実施しました!
参加者は、社会人2名、学生13名の合計15名。
笑いあり、涙ありの熱い熱い7時間でした。
感想からも多くありましたが、自分自身のコアな価値観や人生観としっかり向き合い、それを人に話すということを日常生活で頻繁にできている人ってそんなに多くないと感じています。
その結果、自分自身とのコミュニケーションが希薄になっていて、本当に心が求める人生を送れていると感じれない状態で生きている人が多くなっているんじゃないかと思います。
そうならないために、真の自分自身の人生を生きるために、ライフナビ のような時間は全ての人にとって必要じゃないかと感じました。

【参加者の声】
・本当に幸せな人生に向けて、今後自分が何をすべきかが具体的に分かった。
・将来についてここまで真剣に考えたことがなかったので充実した1日だった。
・自分の過去・現在・未来の全てについて考える貴重な機会となった。
・気づかないうちに自分の天井を作っていることに気づいた。これからは、天井を作らずもっと自分の可能性を信じ、それを実現していきたいと思った。
・言語化することはとても大事だと感じた。継続的に誰かに対してアウトプットしていくことで、自分の書いたことが本音なのか建前なのかを理解していきたい。
・就活という枠に囚われず自分の人生について考えることができた。就活も大事だが、人生の1つの通過点だと考えられるようになった。
・30代になって結婚し子どもができても、自分のやりたいことを思うままに突き進められる人生にしたいと思った。
・結婚して家族のために過ごすという漠然としたイメージしか持っていなかったけど、周りの人の夢や目標を聞くことで、自分も好きなことをやっていきたいともう1回考え直すことができた。
・自分の人生の様々なことについて漠然と考えることはあっても書いたり人に話したりすることはなかったのでとても良い機会になった。
・自分についてこんなに考えて人に話すことはないのでとても良い経験だった。自分について話す際、なかなか出てこないことが多かったので、これまで自分に正直に生きれていなかったのかもと感じた。これからは自分に正直に生きていきたいと感じた。
・迷ったり悩むことが不安で就活も怖いと感じることもあったけど、自分が望む方向に未来を創っていきたいと思った。(感極まって涙してました)
・学生は自分以上に天井がなく、自分も昔こんな風に考えていたな、と思い出し、自分も頑張ろうと思えた。
・色々な視点から人生を考えられるようになり、就活の新しい軸が見つかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です