【研修】企画書の書き方講座

5月31日に関西大手企業コラボ団体のICOLAさんからのご依頼で、代表理事の小野さんによる企画書の書き方講座を実施しました。
小野さんは、企画やプロジェクトマネジメントの専門家。
講座が一方通行にならないよう、まずは
参加メンバーが求めていることを聴くところから始まりました。
◆企画書とは一体なんなのか
◆どういう項目で書けばよいのか
◆どこまで書けば良いのか
◆溢れる情報をどうまとめるのか
◆ペラものにまとめるにはどうすればいいか
◆他部門の人を巻き込む企画書を作成するポイント
◆納得感のある企画書の作成
◆見やすい書き方
などなどの”知りたいこと”が出てきました。
大企業に勤めていても、企画書の書き方などを教えてもらっている人はほとんどおらず、独学で書いている人が多いように感じました。かくいう僕がそうだったので(^ ^;)

講座は気づきで満載。
「企画書の前に企画がある」
「提案書と企画書は違う」
「企画書は宛名を明確に」
「フルパッケージの中から、宛名や目的に応じた部分を選定する」
「平面的でなく立体的な企画書にする」
「デザイン思考でアイデア発想、システム思考で企画提案化」
「後にマニュアルにするつもりで企画書を丁寧に詳細に書く」

企画書を業務で書いている人、
企画に携わる人、
説明する力を高めたい人、
などにとても良い内容だと感じました。

ライター:森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です