【講義】ジョハリの窓

先週に引き続き公立高校1年生を対象に授業(※僕が設計した授業を担任の先生と共に進行)。
今回は、ジョハリの窓(Luft & Ingham, 1955) について僕が解説した後、生徒同士グループになって「Expression Card(表現札)」を用いて自分と仲間を表す言葉を選び自分が気がついていない自分(Blind Area)や、まだ見せてない自分(Hidden Area)に触れた話し合いを体験😊
※Expression CardはDubrin(1990)の「Johari Window Adjective」に基づき僕が翻訳してカード化したものです^^)
そろそろ、まとまりが出るクラスや全体をリードする生徒が出始めてる😊
2限から7限まで繰り返し実施してるから、クラスの違いは勿論だけど担任の先生によって進行や生徒への関わり方の違いが見えて楽しい。
当日の放課後、担任の先生方を中心に関係者全員で集まってフィードバック会議をした際にお互いの違いに気づくひと時見ると嬉しくなる。
僕は「高校1年生1学期」と限られた期間だけど、担任の先生と共に最善を尽くそう(^^)/

by 坂井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です